シュリンプ飼育 シュリンプの種類 エビ水槽 日本の住宅事情にはエビが最適? ウィローモス解説30種 エビの話
親と同じ形の稚エビ エビの体は透明 エビ好きな国 プランクトンに近いエビ 小さいエビほど人気 エビの値段
シュリンプ飼育方法
シュリンプの餌
シュリンプのろ過装置
熱帯魚とシュリンプの混泳
シュリンプに適したソイル
シュリンプの繁殖


エビの体は透明

エビの体は透明









エビは殻に色が付いていると、その色をしていると見えますが、透明なカラを持つエビ、たとえば、ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、スジエビ、などは とても透明に近い色をしています。

トランスルーセントフィッシュと同じように反対側が透けて見えます。

これは、体の中身が透明なようです。どうしてこういうことができるのかわかりませんが、血液が透明、かつ、肉も透明ということだと思います。

不思議です。水のような血液に、ゼリーのような肉質のようです。

これはエビが息絶えたり、温度変化が起きると、赤白くなります。タンパク質が変性したという感じでしょう。

ゼリーのような肉体を持つ生き物という感じでしょうか。

トランスルーセントフィッシュも、最後は白くなってシラスと同じくらい真っ白になっています。

このときの赤い色素が、、体にいいかは分かりませんが、茹でたエビは赤?ピンク?ぽい色をしています。

そういうこともあり、ビーシュリンプのように赤いエビ、レッドチェリーシュリンプのように赤いエビは人気があります。

どちらかというと、ビーシュリンプの方が高値です。

理由は増やすのが大変、選別がいる、

などの理由でしょう。

これらのエビは選別して改良してつくりだした色なのですが、それにしても、下地の色がホワイトなのはビーシュリンプくらいで珍しいものです。

これは自然下では、エビはとても弱い、魚の餌として生きているような存在でもあるわけです。

そこで、もっとも見つかりにくい色、それが、透明だったわけです。

とくに透明な色が多いです。綺麗な水の多い国内産のエビは透明が多いです。








おすすめのページ!

シュリンプ飼育方法
色々なシュリンプの種類
シュリンプの繁殖
レッドチェリーシュリンプの飼育
ウィローモス種類一覧




おすすめの商品




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イエローチェリーシュリンプ 5匹+補償1匹
価格:1580円(税込、送料別) (2016/11/26時点)






(C) エビの心得 All rights reserved.